都合よく作用する水素水!副作用がまったくないその理由とは?

koukanashi

水素水を飲むと、水素は数分以内に体内を駆け巡り、細胞中に行き届きます。

そして、「ヒドロキシルラジカル」などの悪玉活性酸素と結びつくと、人体に無害となる水に還元され、その後体外に排出されます。

水素自体はそもそも無害な気体であるため、体内に悪玉活性酸素があまりない状態で水素を取り込んだとしても、体になんの影響を与えることもなく、そのまま呼気から排出されてしまいます。

そのため、水素水を飲みすぎたとしても副作用は一切起こらないのです!

水素はヒドロキシルラジカルが最も多く発生している箇所にのみ作用します。

体を痛めている時に水素水を飲めば、その痛めた箇所に効く、ストレスを感じていれば脳に効く、他にもっと悪いところがあれば、その箇所に効く、という具合です。

また、副作用がないということは、たとえば血圧を下げる薬を飲んだ場合、健康である人も血圧が下がってしまいますが、水素の場合は「高血圧」の人にだけ作用するのです。

いくら飲んでも害はなく、悪いところにだけきっちり作用する。

水素水は実に都合よく体を健康にしてくれるのです!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ