水素水の保存容器の選び方を教えるザンス

Dr.スイヤミの水素シェ~イ講座

スイヤミザンス。

水素水の保存容器っていろいろあるザンスね。

ペットボトルとかアルミボトル、アルミパウチの商品を目にするザンス。

水素は宇宙一小さい分子なので、アルミニウム以外はすべて通り抜けるザンス。

ペットボトルは飲み物の容器としては便利だけど、出荷時に水素が
入っていたとしても消費者の手元に届くまでには通過して基本的には
全部抜けるザンス。

現在大手メーカーで水素が抜けないペットボトルの開発を進めている
ので、将来的にはペットボトルタイプの水素水も出てくるザンスね。

じゃあ、どれを選べばいいのか?

水素が抜けにくいのはアルミニウムの入れ物ザンス。
なかでもパウチの容器は水素が逃げにくく、高い濃度を保てるザンス。
小さいフタの容器ザンス。

アルミボトルタイプのものは、構造上、水とキャップの間に空間をつくる
必要があるザンスから、その隙間から水素が少し抜け出すと言われているザンス。

これも将来的に可能になってくるかもしれないザンスね。

一方でアルミパウチは空気の隙間がないくらい満杯に入っているから、
ボトルよりも高濃度の水素水をつくることができるザンス。

ただ、飲み口の小さいプラスチック部分からは数か月もたつと次第に
抜けてくるので早めに飲むにこしたことはないザンスよ。

ばいばいザンス。

サブコンテンツ

このページの先頭へ