水素のチカラで超高齢化シェ~会に立ち向かうザンス

Dr.スイヤミの水素シェ~イ講座

スイヤミザンス。

高齢化社会どころか超高齢化社会と言われているザンス。

医療費や介護費の増加、高齢者の貧困、孤独死、犯罪の増加など、
さまざまな問題を抱えているザンスね。

まったく物騒な世の中ザンスね。

現役世代の負担が増大し、20歳以下の子供への育児や教育支援にも
影響を及ぼすという深刻な問題ザンス。

2016年9月の時点で高齢者(65歳以上)の人口は3461万人ザンス。
総人口に占める割合は、なんと1/4を超えているザンス。
ショエ~ッ!!

高齢化が進むということは、少子化が進むということでもあるザンスよ。
そこで、現役世代(15歳~64歳)の1人につき何人の高齢者(65歳以上)を
支えているかも調べてみたザンス。

1950年時点では、12.1人が1人の高齢者を支えていたのに対して、
2015年では2.3人に1人。2060年の予想では1.3人まで減少するザンス。

水素水がどんどん広まって健康な人が増えれば、医療費の負担も
軽減できるし元気に働ける高齢者が増えれば社会に活気も出るザンスね。

最後に相談なんザンスがミーも事故にあってしばらく働けないザンス。
おフランス銀行の3183(スイヤミ)まで振り込んでちょ~よ。

ばいばいザンス。

サブコンテンツ

このページの先頭へ