7.0ppm水素水

アキュエラ「水素水7.0pm」をおすすめしない理由

更新日:

-sshared-img-thumb-OHT98_rakutannochinpan_TP_V

ここでは、アキュエラの水素水7.0をおすすめしない理由についてお話していきたいとおもいます。

水素水7.0をおすすめしない理由。

こちらを話すには、まず水素水7.0をおすすめする理由からお話したほうが伝わりやすいと思います。

順番が前後しますが、まずは「おすすめする理由」その後に「おすすめしない理由」とお話していきたいと思います。

水素水7.0をおすすめする理由

-shared-img-thumb-TSU753_onakasuitatoitte_TP_V

水素水7.0をおすすめする理由はいくつもあります。

今まで水素水の効果を体感できなかった私に初めて水素水の効果を体感させてくれたのは、この水素水7.0です。

そして、水素水7.0は業界NO1の高濃度水素水であることはかなり有名なことです。7.0ppm水素水は医療の現場で使用されていることから人気があり5秒に1本売れているとも言われています。

水素水7.0が高濃度であることは、雑誌を通して水素の世界的権威が世間に発表しているのです。

では、水素水7.0の水素濃度についてお話していきたいと思います。

業界NO1の高濃度水素水

image

こちらの棒グラフは現在、雑誌にでていたりして有名な水素水を高濃度順に並べた水素水です。

どれも「高濃度水素水」と呼ばれているものです。

その中でも、水素水7.0(とセブンウォーター)は断トツで高濃度であることが分かるかと思います。

そして、それだけではありません。

水素は宇宙で一番小さい分子のため、容器を抜けていってしまうといったデメリットがアルミパウチ水素水にはあります。水素水7.0は飲む前に水素水を作るスターターセットなので、この水素が抜けてしまう心配もなく安心できます。

断トツで高濃度にも関わらず、水素が抜けてしまう心配もない。

20140526_dd2529 (1)

しかし、さらに。

水素水7.0のスターターセットには、
溶存水素濃度判定試薬」も付いてくるのです。

つまり、本当に水素水7.0が高濃度なのか?あなた自信の目で確認することができるのです。

水素は無味無臭であり無色透明なので自分の目で確認できるだなんて安心できます。

ただし、今お話したことは水素水7.0だけでなく、セブンウォーターもまったく同じことです。

水素の世界的権威が高濃度水素水NO1と認めた

-shared-img-thumb-MJ856_ozpaagent15145551_TP_V

水素水の身体への効果についてTVやラジオや雑誌で報道され始めたのは、2007年5月のことでした。

メディアで報道されるようになったきっかけは、日本での水素の研究論文が世界の医学誌「ネイチャーメディシン」に掲載されたこによるものです。

ネイチャーメディシンに掲載された研究論文は、日本医科大学の太田教授率いるグループのものです。

太田教授は「水素水とサビない身体」といった水素水のことが分かりやすく書かれている書籍もだされていて「水素水7.0」と「セブンウォーター」で私が体感した効果で紹介した動画「健康カプセル!ゲンキの時間」にも出演されています。

水素水が身体に良い効果があるってことを発見し、「世間」ではなく「世界」に伝えた人です。

名称未設定-1

そして、こちらの画像。こちらは2013年2月の週刊文春の記事の1コマです。

『夢のアンチエイジング商品 ~水素水論争に最終結論! 誌上実験でわかった「本物」と「偽物」』といったタイトルでした。タイトル通り、週刊文春側と太田教授で市販の水素水の水素濃度を測って掲載するって記事です。

これをみてビックリしたことは、ペットボトルの水素水が0ppmだったこと。水素が抜けていてまったく入っていないただの水だったってことです。

アルミパウチ水素水はそこそこ水素が入っていましたが、やはり水素水5.0(水素水7.0の当時の商品名)が断トツで高濃度でした。

水素水7.0が高濃度な水素水ってことは太田教授も週刊文春も世間を通して認めているのです。こちらの記事で水素水7.0は「プロ仕様のものである」と言われていました。

ちなみに雑誌に水素濃度が掲載されたのは他にもあるので乗せておきます。

2016y01m13d_223218139

水素水5.0は水素水を作って24時間放置することによりその水素濃度は7.0ppmまで上がることがわかりこの後に水素水7.0と商品名が変わりました。

7.0ppmの水素水は医療の現場や臨床試験で使用されていたり、医学の最新研究論文が掲載される医学専門誌にも掲載されています。

こういったことから、せっかく水素水を飲むのであれば、医療関係でも認められている(薬ではありません)7.0ppmの水素水を選ぶべきです。

勿論、「ただクオリティが高い」からおすすめしているだけでなく「良心的な価格」でもあり「私が体感できた」のでおすすめしています。

次に水素水7.0をおすすめしない理由もお話します!

水素水7.0をおすすめしない理由

-sshared-img-thumb-OHT98_rakutannochinpan_TP_V4

医療の現場でも使用されていて、高濃度でクオリティが高いことは伝わったかと思いますが、水素水は継続することが大切です。

例え、水素水業界の中で一番良い水素水だったとしても、金額が高くて継続できないのではその素晴らしさは半減してしまいます。

そういったことを含めて次の棒グラフを見てください。

image (1)

こちらは冒頭で乗せた水素濃度の棒グラフと同じで、メディアに露出していたりで有名で高濃度と言われている水素水を低価格順に左から並べた水素水です。

水素水7.0は定期購入で6,900円です。価格だけで見てみると3位ですね。では次に。

image (2)

今度は低価格順ではなくコスパ(500ml当りの金額)が良い順に左から並べた棒グラフです。

今度は水素水7.0は2位ですね。先ほど2位だった水素豊富水は低価格ではあるが容量が少ないためコスパで見ると割高だったことがわかります。

こういったことで水素水7.0は医療の現場でも使用されている上に、価格やコスパで見ても2番目に良心的な価格なのです。

ここまでは、おすすめしない理由に見えない。むしろ、おすすめする理由に見えるかもしれません。
でも、もしかしたら勘が良い方なら既に伝わっているかもしれません。

そう、水素水7.0をおすすめしない理由。

それはズバリ、「セブンウォーターのが低価格でコスパが良いんじゃないの?」ってことです。

水素水7.0よりもセブンウォーターのがお買い得?

今回、水素水7.0のおすすめポイントを先にお話いたしました。

おすすめポイントの1つ目は、高濃度ってこと。しかし、これはセブンウォーターも7.0ppmなので同じです。ちなみに私は両方飲んでいるので両方水素濃度を測定しましたが、優劣はありませんでした。

おすすめポイントの2つ目は、週刊文春でも水素濃度を計測されていて、世間にもその水素濃度が公開されていること。そして権威性がある。

こういったことにより、水素水7.0は以前から人気もあり知名度もあります。ただ、セブンウォーターに水素水7.0と同じような人気や知名度はありません。

こちらは、そのことを示す水素水7.0とセブンウォーターのWEBでの検索ボリュームです。

■ 水素水7.012016y01m09d_184536889

 

■ セブンウォーター
12016y01m09d_184606996

明らかに水素水7.0の方が検索されていることから、その人気や知名度が伺えます。
しかし、セブンウォーターも2015年の後半からは、隠れ持っていた実力により人気急上昇中です。

この2つの水素水はスターターセットでの販売で、水素発生剤を使って水素水を作るタイプです。

その水素を発生させる水素発生剤が実は、同じ「MIZ株式会社」が作っているものなんです。
同じ会社が水素発生剤を作っていて、水素発生剤の見た目もほとんど同じで、水素濃度も同じ。

つまり、違いとしては、

水素水7.0は「人気や知名度があり」、セブンウォーターは「低価格でコスパも良い」ってとこです。

水素水7.0は素晴らしい商品です。私が他の水素水を飲んで効果を体感できない時期に出会い、私に始めて水素を感じさせてくれたのが水素水7.0でした。

その上、効果が体感できなかった他の水素水よりも、低価格でコスパも良いので最高の商品です。

しかし、知名度や人気(それも追いついてきてる感じはしますが)を除けば、期待できる効果は同じなのにセブンウォーターのが低価格でコスパが良いのです。

これが、水素水7.0をおすすめできない最大の理由です。

私がセブンウォーターを飲んだことがなかったのであれば、迷わず水素水7.0を紹介したでしょう。
実際、今でもおすすめしたい最高の水素水だと思っています。

しかし、継続する水素水を決める上で、価格を判断理由に入れることは大切だと思うので、今回は水素水7.0をおすすめしない理由としてお話させていただきました。

定期購入では水素水7.0が6,900円で、セブンウォーターが5,400円です。
毎月1,500円の違いがでてきます。1年で18,000円です。

価格は判断理由に入らないってことであれば、水素水7.0はとてもおすすめです。価格といっても棒グラフをみていただいたとおりで、他の水素水と比べるととても良心的な価格です。

両方飲んでいる私の意見としては、どちらか一つを人におすすめするのであれば、体感で同じ効果なので、少しでも低価格なセブンウォーターかな。と思います。

しかし、私は気になりませんでしたが、セブンウォーターにもおすすめしない理由はありますので、
クオシア「セブンウォーター」をおすすめしない理由』をご確認ください。

どちらにしても水素水を選ぶには、水素水7.0かセブンウォーターを選べは最短で効果を体感できると私は思っていますし、実際そうでした。

私のように遠回りをせず、是非、最短でその効果と体感してください。

セブンウォーターの体験レビューについては下記口コミから確認できます!

購入しなくてもセブンウォーターの全てが分かりますので是非見てみてください!

 

button_025

 

最新情報!

セブンウォーターエクストラ

PickUp!!2017年よりセブンウォーターは新しく『セブンウォーターエクストラ』とバージョンアップ!セブンウォーターの唯一のデメリットだった水素発生時間が24時間~10分に短縮されました!

水素水のおすすめランキング

セブンウォーターエクストラ|【初心者】におすすめ!

≪水素水を1年~3年飲む場合におすすめ!≫

水素水を選ぶ時に大切なのは「水素濃度」と「価格」です。

セブンウォーターエクストラは「高濃度」なのに「低価格」なので、これから初めて水素水を始める場合はおすすめです!

水素水サーバーガウラミニ|【中級者】におすすめ!

≪水素水を3年以上飲む場合におすすめ!≫

「3年以上水素水を飲もう!」または「家族みんなで飲もう!」と決めている中級者におすすめ!

水素水サーバーガウラミニは「レンタル」も出来るので、月々の価格だけ見たらセブンウォーターより低価格!

水素水ボトルガウラウォーク|【外出時】におすすめ!

≪月々1000円~で水素水飲み放題!≫

外出時に水素水を飲むことが多い人には、水素水ボトルガウラウォークがおすすめ!

セブンウォーターと比べて水素濃度は劣るが、月々1000円で水素水が飲み放題なのでコスパ良し!

-7.0ppm水素水
-, ,

Copyright© セブンウォーター・エクストラの口コミ!|2ヶ月で体感した3つの効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.